(杵)もちつき大会(臼)

セイワ習志野

2019/12/27 (杵)もちつき大会(臼)

 

 

%ef%bd%92%ef%bc%91%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d-45
お正月に「お餅つき」をやるのは、日本は稲作文化が
盛んに行われ、年の初めに「稲の豊作(いねのほうさく)」
を祈って、神様にお餅を奉納し、今年の豊作を祈った
とされています。

年神様(としかみさま)は、鏡餅(かがみもち)に、寄りつく

 

とされ奉納されています。お餅を食べることで、神の霊力

 

を体内に迎え、生命力の再生と補強を願う、意味が込めら

 

れています。またお餅は伸びるので、健康で長ーく暮らし

 

ていくという意味もあります。

 

という事で皆さんの健康を祈願しもちつき大会開催です

 

dscn0733

 

%ef%bd%92%ef%bc%91%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d-31

 

%ef%bd%92%ef%bc%91%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d-17

 

各階『よいしょ~よいしょ~』の掛け声とともに

 

盛り上りました。皆様これからも健康で長~く

 

元気にお過ごし下さい