防犯訓練を実施しました。

セイワ松戸

2019/11/06 防犯訓練を実施しました。

皆さん、こんにちは。

11月5日(火)午後セイワ松戸では、初めての「防犯訓練」を実施しました。

これは昨今高齢者施設や障がい者施設で、不審者による悲しい殺傷事件等が発生していることを受け、

自分たちの施設で起こった場合、どのような対処が必要なのか、

またどのような備えが必要なのかを考えました。

所轄の松戸警察署の生活安全課へ相談したところ、

夜間はしっかり施錠してあることから、不審者の侵入は防ぐことはできるが、

日中正面玄関からの侵入は十分考えられるので、

・マニュアル作成

・定期的な訓練の実施

・防犯器具の準備

が、必要であるとのことで、今回の「防犯訓練」の実施に至りました。

r1-11-5%e9%98%b2%e7%8a%af%e8%a8%93%e7%b7%b4%ef%bd%82-13

DSC_2541

参加職員は1回事務所勤務職員を中心に25名。

始めに松戸警察署の担当警部補さんより、不審者対策についての講義をしていただき、

防犯器具「刺股」の使い方説明、そして模擬訓練へと進みました。

r1-11-5%e9%98%b2%e7%8a%af%e8%a8%93%e7%b7%b4%ef%bd%82-22r1-11-5%e9%98%b2%e7%8a%af%e8%a8%93%e7%b7%b4%ef%bd%82-30

模擬訓練では警部補さんに、不審者役を自らしていただき、

1階事務所において刃物をチラつかせ、大声で責任者を呼べと大騒ぎをする設定で行いました。

訓練では不審者と判断した時点で、

・警察110番への通報

・館内放送で不審者の侵入有を伝え、各フロアーの施錠

・デイサービス利用者の緊急避難

・不審者の取り押さえ

と、合計3回担当職員を変え、アドバイスを頂きながら実施することができました。

警部補さんの迫力満点の不審者と、それに立ち向かう職員の訓練は、

とても見ごたえがあり、緊急対応の心構えと技術を教わることができました。

セイワ松戸では、今後も定期的に訓練を重ね、有事に対応できるようにしていきたいと思います。

 

警部補さん、ご協力ありがとうございました。